「ギャル流行語大賞」2015年TOP10がこれwwwギャル語ヤバすぎだろwwwww

【モデルプレス】4日、毎年恒例の2015年「ギャル流行語大賞」が発表された。

1

【2015年ギャル流行語トップ10】
1位:パリピ
2位:◯◯かよ
3位:リア友
4位:初見(しょけん)
5位:cp
6位:鬼コ
7位:レベチ
8位:メンディー
9位:やーよ
10位:つ

1位の大賞に輝いたのは、パ-ティーピープルを略した言葉『パリピ』。クラブやフェス・ファンランといったノリの良い社交的な場所が好きな人々のことを指す言葉としてTwitterやInstagram、日常会話において多数使用されたほか、「昨日もパリピだった」「パリピなう!」など、楽しんでいる状況を表す日常を“アゲてくれる”ギャル語としても大ヒットとなった。

2位は、モデル・友人などのツイッターやインタグラムといったSNS投稿に対して、ツッコミを入れる言葉としてブームになった『◯◯かよ』。「可愛すぎかよ」「面白すぎかよ」「イケメンかよ」「最高かよ」など、自分自身で『○◯』の部分をアレンジ出来るのも人気の理由となった。

3位は、学校やバイトなど実生活の中で遊んだり、話したりする友達=リアルな友達が略された『リア友』。主にネット上でしか繋がっていない友人・知人である『ネッ友』の対比言葉として使用され人気に。また友人関係を一言で説明出来る言葉としても頻繁に使用された。

4位には、主にツイキャスで使用された『初見(しょけん)』がランクイン。キャス主の放送を初めて見たユーザーが使用する言葉としてブームに。ユーザーが「初見です」とコメントすると、キャス主が「初見さん、いらっしゃい!」と返答する現象が見受けられるなど、キャス内の挨拶用語として使用する機会が増えた。

5位は、SNSなどで、カップル(couple)の変化形として頻繁に使用された『cp』。「○○カップル」と書くのではなく、「○○cp」と書くことで今っぽいアレンジや、ファンに認められた公式感が演出出来るのも特徴。

6位は、「鬼電」が変化した言葉として使用された、鬼コールの略語『鬼コ』。「誰か○時に鬼コして!」「声聞きたくなって鬼コした」など、鬼=沢山、コール=電話といった意味合いで使われた。

7位には、「レベルが違う」が略された『レベチ』が登場。リアル&ネットコミュニケーションにおいて頻繁に使用されたギャル語の1つ。「○○ちゃんの可愛さ、レベチ!」「今日の眠さ、レベチ」「レベチで美味い」などの使い方で、何かと比較する時に使う言葉として人気を集めた。

8位は、面倒くさいが変化した『メンディー』。主にJKギャルの間でブームに!「授業、まじメンディー」「今日のバイト、メンディー」といった使い方の他、「ゴメンディー」「ダメンディー」など、言葉にアレンジを加え楽しい響きにしてくれる言葉としても使用された。

9位は、マルチクリエイター・GENKINGがテレビやInstagram、Twitterなどで発信したことで人気を集めた『やーよ』。「やだ」よりも愛らしさと丸みが出る言葉としてブームに。その他、顔に手を当てて首を傾げる“やーよポーズ”で写真を撮るギャルも続出した。

そして10位には、「都合のいい女」を略した言葉として人気を集めた『つ』が入った。主に日常会話において使用され、「それって“都合のいい女”じゃね?」と堅苦しく言うよりも、「それって“つ”じゃね?」と略すことで、会話をスムーズに盛り上げてくれる言葉として人気となった。

ギャル語(ギャルご)は、1990年代半ば以降東京渋谷のコギャルを中心に話されている日本語の若者言葉である。首都圏方言がベースである。多くは渋谷が発信地になっていることから、渋谷特有の方言のようなものであるとして、渋谷弁(しぶやべん)と呼ぶ学者も僅かに存在する。
ギャル語を特徴づける表現には、略語や英語直訳型があるほか、2ちゃんねる用語などのネットスラングを取り入れたり(リア充、カワユス、ギガントなど)や、元々或る地方の方言だったものを取り入れたりすることも多い。ギャル語は日々めまぐるしく変化しており、たった1年で使われなくなる言葉も少なくない(チョベリバなど)。表現によっては、渋谷だけに留まらず、日本各地(特に東京近郊)の若者の間で流行することがある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする