【緊急速報】山口組vs神戸山口組の抗争、両者の衝突Xデー「3月※※日」急浮上…

指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)と分裂した暴力団、神戸山口組(本部・兵庫県淡路市)の対立抗争。

関東で活動する神戸側の組幹部が集まる「定例会」をめぐって15日に東京・歌舞伎町(新宿区)などで危険視されていた両団体による衝突が回避された。都内の繁華街が抗争の舞台になる事態は避けられたが、安心はできない。新たな衝突Xデーとして「3・20」が急浮上。警察当局が警戒スポットとして池袋、上野、渋谷など複数の繁華街をリストアップしているという。

1

神戸山口組の定例会が予定された15日午後、歌舞伎町には張り詰めた空気が漂っていた。行き交う観光客に混じって辺りをうろつく暴力団関係者らしき男たち。通りのあちこちで私服警察官がにらみをきかせ、テレビカメラを担いだ取材クルーや一眼カメラを抱えるカメラマンが忙しなく歩き回る。彼らは一様に、この日に発生することが予想された“有事”を警戒していた。

「歌舞伎町で、都内で活動する神戸側の定例会が行われるとの情報が流れていた。そのため、管轄の新宿署が署員に待機をかけるなど特別態勢を敷いていた」(捜査関係者)

先月15日に同所で開かれた定例会で発生した双方の組員による集団暴行事件も、警戒レベルを上げさせる一因となった。神戸側の会合の会場になるとみられた喫茶店の入り口前には、スモーク張りの高級セダン車が横付けされ、ダークスーツやジャージーに身を包んだ一団が険しい顔つきで付近を見回している。

会合は開かれることはなく、衝突も起きなかったが、その裏では神戸側と山口組側、警察当局との間で三つどもえの“暗闘”が繰り広げられていた。

1

「警視庁は事前に『トラブルがあれば有無を言わさずに取り締まる』と両団体に通達するなどしていた。山口組側も都内に拠点を持つ傘下団体が中心となって神戸側の動きを探り続けていたようだ」(事情を知る暴力団関係者)

神戸側は、こうした警察当局や対立する山口組側の動きを注視。「会合は別の場所で行われる」との観測が浮上するなど情報は錯綜した。

「この日の夕方には、『混乱を避けるために池袋に会場を移して神戸側の定例会が行われた』との情報も出回った。警察サイドは、池袋と、同じく代替地として名前が挙がった上野に捜査員を派遣するなど対応に追われたようだ」(同)

開催情報が出回った池袋では同日夕方、複数台のパトカーが巡回し、警察官が暴力団関係者らしき人物に職務質問を繰り返すなど、物々しい雰囲気に包まれた。結局この日に大きな混乱がみられることはなかったが、依然として緊張は続きそうだ。

先の暴力団関係者は、「20日には、山口組側の東京地区の定例会が行われる予定となっている。それに合わせて神戸側も会合を持つ可能性が出ている」と声を潜める。双方がトラブル回避のために同じ日に会合を設定したとの見方もあるが、対立の懸念は残る。すでに捜査当局は、複数の繁華街を「抗争危険地帯」として注視しているという。

「山口組傘下の有力団体の勢力範囲になっている渋谷や上野、さらに神戸側が会合を持つ可能性のある池袋が危ない。特に渋谷は、2月上旬にも双方の組員による小競り合いがあっただけに警戒を強める必要がある」(先の捜査関係者)

この3連休は繁華街に近寄らないほうがいい。

2
山口組(やまぐちぐみ)は、日本の兵庫県神戸市に本部を置く暴力団で、日本最大規模の指定暴力団。構成員数は2012年の時点で約13,100人、準構成員数は約14,600人、合計およそ27,700人、これは全暴力団構成員・準構成員数およそ63,200人のうちの43.8%を占める数となる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする