【週刊文春】舛添要一知事「公用車で別荘通い」についてとんでもない言い訳ww

公用車でほぼ毎週末、温泉地として知られる神奈川県湯河原町の別荘に通っていたことが発覚した東京都の舛添要一知事が28日、都庁で定例会見を行った。

舛添知事は「公用車は『動く知事室』。移動中もしょっちゅう電話のやりとりをしている。運転手には守秘義務もあり、セキュリティーも 確保されている。これはタクシーではできない」と述べ、別荘までの移動に公用車は不可欠との認識を示した。

1

また、東京都世田谷区の自宅の風呂が狭く、昨年4月の股関節の手術後、半身浴しかできないことから、「リハビリのためにも、週に1度くらいは(別荘の)広い風呂で脚を伸ばしたい」とも述べ、別荘通いの
必要性も改めて強調した。

「今後、別荘通いの回数を減らすことはあるのか」との質問には、「いろんな仕事の状況や体調を考えながら、考えたい」と述べるに留めた。

舛添知事はここ1年、定例会見後に湯河原に直行するケースが多く、「今週も行くのか」とする質問には、「今週はいきません」と答えた。

9: 2016/04/28(木) 18:41:12.80 ID:tE//2uNh0.net
>>1
>舛添知事は「公用車は『動く知事室』。
>移動中もしょっちゅう電話のやりとりをしている。
>運転手には守秘義務もあり、セキュリティーも確保されている。そういうことは知事公邸でやれよw
そのために高い税金で知事公邸があるんだろ
知事公邸と都庁の間で公用車を利用するんなら、誰も文句言わないだろw
バカバカしい

494: 2016/04/28(木) 18:46:02.07 ID:s7c0bCjm0.net
>>1
何を強調しようが公私混同の税金泥棒には変わりない