舛添要一の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」と「泰山会」に不可解な資金の流れが発覚…

政治資金の私的流用問題で批判を受けている、東京都の舛添知事をめぐり、舛添氏の2つの資金管理団体が、同じ日に、中古自動車をお互いに寄付しあうという、不可解な資金の流れがあることがわかった。

政治資金収支報告書などによると、2014年7月31日、舛添氏が代表を務める資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」が、中古自動車2台を、同じく舛添氏が代表の「泰山会」に寄付した。

また、同じ日、「泰山会」も、「グローバルネットワーク研究会」に、中古車2台を寄付した。そして、この日、「グローバルネットワーク研究会」は解散している。

日本大学法学部・岩井奉信教授は「解散した団体の資産を、どう処分するのかということは、実は規定はない。(グローバルネットワーク研究会が解散すると)あの2台の車が、誰のものかわからなくなる。おそらく、所有者は、舛添氏なり、舛添氏の会社になりますから、まさに私物になる」と語った。

舛添知事は、20日の会見で、2台の自動車を、どのように使用していたかについて、「厳しい第3者の目で見て、調査してもらいたい」と述べるにとどめた。

1

1

>>1
追及した所で我慢に我慢を重ねて6月1日までは粘ってボーナスゲットして辞める
追及は無意味

29: 2016/05/22(日) 19:47:03.26 ID:nm28DKdeO
>>1
何この手口
泥棒だ

2: 2016/05/22(日) 19:42:27.02 ID:AsjK1Ndh0
卑しい

3: 2016/05/22(日) 19:42:44.89 ID:ea6Xp4K10
第三者によってとか言っているが、舛添の手口は確信犯だろ。