【衝撃】日テレ「笑点」司会後任が春風亭昇太に決定した理由www

落語家の桂歌丸(79)が22日、日本テレビの演芸番組「笑点」(日曜後5・30)に最後の出演をし、司会を勇退。後任の6代目司会は春風亭昇太(56)に決まった。この日の生放送「歌丸ラスト大喜利スペシャル」で発表された。

1

後任については「笑点の内部昇格の可能性が高く、中でも円楽さんが現実味がある」(落語関係者)と、円楽が最有力候補とみられていた。「立川梅春」として高座に上がるビートたけし(69)らがサプライズ候補に上がっていた。

「笑点」の歴代司会者は立川談志(66年5月~)前田武彦(69年11月~)三波伸介(70年12月~)五代目三遊亭円楽(83年1月~)歌丸(2006年5月~16年5月)。

現在のレギュラー陣の中で唯一、初回から出演する歌丸は4月30日に行った収録で、自ら降板を発表。昨年6月に入院するなど、近年は番組を休むことも増え「体力の限界」と説明。番組の50周年と落語家生活65年の区切りの年に決断した。

番組は1966年5月15日の放送スタート以来、50周年を迎えた。歌丸は今月15日放送分で口上。「かつては人生50年と言われましたが、今や日本には100歳を超える元気なお年寄りがたくさんいらっしゃいます。それに比べれば、50周年を迎えた『笑点』は、まだまだ若輩者。心を引き締めまして、100周年を目指して、この先も皆さま方のご期待に応えますように、必ず頑張ってまいりますので、常に変わらぬごひいきのほど、隅から隅まで御願いあげ奉ります」と語った。

1

30: 2016/05/22(日) 19:42:18.75 ID:Hn5I3W5+0
>>1
司会は昇太でいいと思うただ、新メンバーは落語の上手い人達から広く公平に選んで欲しいこのままだと落語界の利権優先の老害番組にしか見えないから、見ててちっとも楽しく無い

4: 2016/05/22(日) 18:56:05.61 ID:wS8EZhgy0
56には見えないな。
女優と結婚したんだっけ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする