バングラデシュのダッカ襲撃テロ事件の犯人の正体がヤバイ…

バングラデシュの首都ダッカで武装グループが飲食店を襲撃して日本人7人が死亡したテロ事件で、バングラデシュ政府の閣僚は、武装グループのメンバーは、高学歴で裕福な家庭の出身の若者だったと明らかにし、捜査当局はなぜ、こうした若者が今回の犯行に及んだのかなど、事件の捜査を進めています。

1

バングラデシュの首都ダッカで1日の夜、武装グループが飲食店を襲撃したテロ事件では、現場から20人の遺体が見つかり、日本人の男女7人の死亡が確認されました。また日本人のほかにもイタリア人9人、アメリカ人1人、インド人1人の死亡が確認されました。飲食店を襲撃した武装グループは治安部隊に6人が射殺され、1人が拘束されました。

1

1

今回の事件を巡っては、過激派組織IS=イスラミックステートのバングラデシュ支部を名乗る組織がインターネット上に犯行を認める声明を出していますが、信ぴょう性は確認されていません。

これについて、バングラデシュのカーン内相は3日、武装グループについて、ISとのつながりを否定したうえで、「全員がバングラデシュ人で、裕福な家庭の出身だった。大学に通うなど高度な教育を受けた若者だった」と明らかにしました。

捜査当局は最貧国のバングラデシュでは比較的恵まれた環境にある、こうした若者がなぜ今回の犯行に及んだのか、拘束した容疑者を取り調べるとともに、国際的なイスラム過激派組織とのつながりがなかったかなど、事件の捜査を慎重に進めています。

グループのうち5人は過激派の名簿に
現地のメディアは、警察の話として武装グループのうち5人は過激派の名簿に登録されていて、警察が行方を追っていたと伝えています。バングラデシュのカーン内相は、武装グループはいずれもバングラデシュ人だとしたうえで、「彼らはみな、高度な教育を受けていて大学にも通っていた。イスラム教の神学校、マドラサの出身者は1人もいない」と述べ、武装グループの多くは裕福な家庭の出身だという見方を示しました。

一方でカーン内相は、犯行を認める声明を出したISとの関わりについては否定しました。また、現地のメデイアも、同級生の話やフェイスブックなどインターネット上で集めた情報を基に、武装グループのうち3人はダッカ市内の大学や、裕福な家庭の子どもたちが集まる学校に通っていたとみられると伝えています。
このうちの1人は、3月のテストの前から行方が分からなくなっていたということです。
6: 2016/07/03(日) 21:20:04.36 ID:Z6a4JkT30
エリートほど挫折すると犯罪行為に走りやすい
53: 2016/07/03(日) 21:29:19.28 ID:ks31JOnc0
>>6
それは我が国や先進国の特有現象彼らは挫折も知らないし思想かぶれに
16: 2016/07/03(日) 21:22:31.53 ID:B7iQ2Lju0
感化って概念に学歴とか生い立ちとか関係ないからね、腐った魂に腐った魂が
感化されるとこうなる。