帰化手続き中だった日馬富士「すべてを失った」

帰化手続き中だった日馬富士「すべてを失った」

退で角界を去ることとなった。 記者会見で今後について問われた横綱は、「相撲に恩返ししたい気持ちがあった」と明かした。実は、日馬富士関は既に日本に帰化する意向を固め、具体的な手続きを進めている最中だった。周囲には、将来は親方として部屋を持ち、後進の指導にあたる構想も漏らしていた。 「17年間、一生懸命やってきて、一瞬ですべてを失った」。暴行騒動がエスカレートし、瀬戸際に追い込まれていた日馬富士関は、協会関係者に思わずこう漏らしたという。2000年9月に16歳で来日して以来、ここまで積み重ねたものが、自身の愚行でもろくも崩れた無念さを象徴する言葉だった。 ソース/読売新聞社 http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/20171129-OYT1T50131.html?from=ytop_main5 前スレ(★1の立った時間 07:51:05.87) 【相撲】帰化手続き中だった日馬富士「すべてを失った」★2 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512003136/引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/mnewsplus/dat/1512009678.dat

【乃木坂46】齋藤飛鳥 嵐とコラボで歌詞間違い謝罪

【乃木坂46】齋藤飛鳥 嵐とコラボで歌詞間違い謝罪

アカウントで、嵐との生放送コラボでの歌い間違えを「本当に申し訳ない」などと謝罪した。 同日生放送された「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2017」(日本テレビ系)では、嵐のほか、ジャニーズWestなど多数のグルー プが、ほかのアーティストや芸能人とコラボレーションを果した。 中でも「振り付けメドレー50曲」と題したブロックでは、嵐と乃木坂46が、嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」でコラボ。司会の櫻井翔が自ら センターに立ち、バックを乃木坂メンバーが彩った。さらに曲中のラップパートは乃木坂メンバーが担当して舞台を盛り上げる。 ところが、歌い出しを担当した齋藤は「今日もテレビで言っちゃってる」を「今日もどこかで言っちゃってる」と、出だしから間違える失 態を演じてしまったのだ。同日、齋藤は755に謝罪文を投稿している。 ・齋藤飛鳥の755その1 https://7gogo.jp/saito-asuka/98 齋藤は謝罪文の中で、パフォーマンス中は歌い間違えを「まったく気づかなかった」と、振り返る。また、嵐との共演を「珍しく緊張して いた」と、ミスの原因として挙げた。今回の投稿を、嵐ファンに向けての謝罪文であることを強調している。 ・齋藤飛鳥の755その2 https://7gogo.jp/saito-asuka/99 なお、齋藤は小学生時代に「A・RA・SHI」のラップ部分をフルで歌えたそうで、自身でも考えらないミスだという。投稿では「心から反省 しております」とし、反省文を結んでいる。 http://news.livedoor.com/article/detail/13954950/ 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2017 齋藤飛鳥 VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/mnewsplus/dat/1511919698.dat

坂本龍馬が教科書から消える事態に武田鉄矢が激怒www

坂本龍馬が教科書から消える事態に武田鉄矢が激怒www

!坂本龍馬が高校の教科書から消える!?  26日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)に武田鉄矢が出演。坂本龍馬への熱い気持ちを激白した。  高校・大学の教員団体「高大連携歴史教育委員会」が、暗記中心の授業を問題視し、高校の歴史の教科書にある約3,800語の歴史用語を、2,000語に選定するという提案をした。 その削除候補に挙がっているのが、武田信玄や上杉謙信といった戦国武将、さらには坂本龍馬や吉田松陰といった幕末の偉人。削除理由としてはいずれも「直接歴史を動かしていないから」と、同委員会は見解を示している。  自他ともに認める龍馬好きで、以前率いていたフォークグループ「海援隊」の名も、龍馬がかつて結成した同名の組織からとったほどの大ファンという武田。 この報道に対し最初は、「教科書を作っている人たちと、歴史好きの食い違いみたいなものを感じました」と冷静に語っていたが、途中から 「省かれている人は地方の人ばかり。でもローカルなくんば、歴史に波は立ちませんよ」 とヒートアップ。  さらには、 「歴史は人間が作っていくものであって、歴史が人間を語っていくというのは逆さですよ、手順として。人間を語るところから歴史が始まるんです」 とまくしたてると、テーブルを叩き、「ちゃうか!」と吠えた。すると出演者たちから「いいぞ!その通り!」の声がかけられた。  武田の怒りはおさまらず、 「この若者なくんば、この若者の明るさがなければ、明治維新は陰湿な権力争いです。坂本という一人の青年を持ったことが、どれほど日本人を明るくしたか!」 と言うと再びテーブルを叩き、「なんだよ〜お前ら!」など、言葉にならない声で絶叫すると、松本人志は「だんだん本性出てきた」と笑っていた。 http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13945541/引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/news/dat/1511743852.dat